MENU

昨年“第7期終了ライブ”を日比谷野音で行ったcali≠gariが、3月11日に日本コロムビアからニューアルバム『12』をリリースする。現在正式なドラマーがいないため、複数のドラマーの参加によってリリースが実現した。

15年間在籍したドラムの武井誠が脱退し、ドラマーだけではなくバンドの継続も危ぶまれたcali≠gari。新たなる第8期は既存メンバーの桜井青(Vo/Gt)、村井研次郎(Ba)、石井秀仁(Vo/Gt)の3人で活動することとなった。

今作のドラマーには、上領亘(NeoBallad)、Tetsu (D’ERLANGER)、SATOち (MUCC)、中西祐二が参加。各自が数曲ずつプレイし、それぞれの演奏により色の異なるサウンドが楽しめる作品に仕上がった。

今までリリースしてきた作品以上に攻撃的で勢いが増したアルバムとなっており、cali≠gariのエッセンスが満載な作品となっている。

リリース情報

アルバム『12』
2015.03.11 ON SALE
■初回限定盤(狂信盤) CD+DVD
¥4,000(税抜)
全12曲収録
[DVD]
タイトル未定
(メンバー×ゲストドラマー対談、メンバーインタビュー、ジャケット撮影メイキングなど)

■通常盤(良心盤) CD
¥3,000(税抜)
全12曲収録

関連リンク

cali≠gari公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!