MENU
1 2 3

太田美音(マイクロコズム)、アラカワシ(deid / veltpunch)、右田 眞(nenem)、ビートさとし(skillkills)と東京のインディーシーンでは名の知れた凄腕が集ったバンド・ayutthaya。きのこ帝国やtricotとも競演し、じわじわと話題になりつつあるバンドが7月5日(水)に初のミニアルバムをリリースした。今回はこのバンドの結成にまつわる話、そして彼女たちがこの先何を見据えてるかを訊いた。

[メンバー] 太田美音(Vo/Gt)右田眞(Ba)
[取材・文] 伊藤啓太
[写真] 鈴木”もぐら”悠太郎

自分にとってプラスアルファになる人とやりたいと考えていた

――まずはバンドの結成について教えてください。

太田マイクロコズムがいろいろあって動けなくなってから歌うバンドがなくなっちゃって。私も歌いたかったし、周りにも歌えって言ってくれる人がいてくれてたのがバンドを始めようとしたきっかけですね。

――東京のインディーシーンでは名の知れたというか、凄腕のメンバーが揃ったと思いますが、このラインナップになった経緯は?

太田新しくバンドをやるとしたら絶対に尊敬できるミュージシャンとバンドをやりたかったんです。私が甘えないように先輩で固めて……なんていうんでしょうね?(笑)

――それを聞いてるので(笑)。

右田眞(Ba)、太田美音(Vo/Gt)

太田自分にとってプラスアルファになる人とやりたいと考えていたんです。最初に声をかけたのはドラムのさとしさんで、前からやりたいと思っていて「バンドをやろうと思っているんです」ってふんわりとした感じで伝えました。で、「ええやん」って言われて(笑)。

――4人編成にこだわった理由は?

太田マイクロコズムは女ふたりだからいいところがいろいろあったと思うんですよね。見た目的にも音的にも。オルタナでワイワイガヤガヤやってるみたいな。ただツーピースって音数も少ないから出す音が鮮明だったので、より歌に集中できる、私がギターを弾かなくてもいいようなバンドがやりたかったんです。

――歌をしっかり歌いたいっていうのがまず最初にあったんですね。

太田はい。そしてメンバーをどうしようか考えていた時に今サポートで参加しているWOZNIAKでnenemと対バンしたんですよね。そこで元々知り合いでマイクロコズムの録音もしてくれた創(山本創/nenem)さんにバンドやりたくてメンバーを探しているって話をしたら「右ちゃんでいいじゃん」って言われて。

右田(笑)。

キャッチーがテーマです私の中では

――元々ふたりは面識はあったんですか?

太田喋ったこともなかったです。

右田知ってはいました、山本のおかげでマイクロコズムは聴いてたし。強烈に覚えてるのが打ち上げでふたりともベロベロに酔っぱらって、美音ちゃんに「お前歌えよ!」みたいに絡んだんです。その時は俺が弾くからって。とはいえ年齢も離れているし実際(誘いは)来ないだろうなと思っていたんですよね、同世代でやるだろうと。そしたら本当にお誘いが来ましたね。

――どう返事されたんですか?

右田やるよーって。さとしとやるって聞いてやってみたいと思ったのもあるけど、誰がやろうと彼女がやるバンドに興味があったから。二つ返事でOKしました。

――そして最後に決まったのがアラカワシ(Gt)。

太田美音(Vo/Gt)

太田そう、ギターがずっと決まらなくて。deidはまこっちゃん(加藤 誠)のほうが仲良くて飲みに行ったりするんですけど、飲んでる時にギターが決まらないって話をしてたら「アラカワシでいいじゃん」って(笑)。deidの時のアラカワシ好きだしなるほどなーって。その話をした帰りにメールを送ったら10秒くらいで返ってきました。

右田だいぶ早いな(笑)。

――経緯を聞くと、最初にアプローチしたメンバーで決まっていったんですね。それが結成の2015年の11月のできごと?

太田そう、全員に軽くは伝えてはいたんですけど、11月にみんなに同じタイミングでちゃんとしたお誘いのメールを送ったんです。2~3日考えたメールの文面を(笑)。

右田2~3日も考えたんだ(笑)。

太田ちゃんとしたお誘いはそのメールでしました。緊張しすぎて吐くかと思った(笑)。

――自分で望んだということもあるけど、かなりのキャリアもスキルもある面子で音を出すことになったわけですが、こういう音を出していこうって話はあったんですか?

右田どういうバンドにする?って聞いたことあるんですけど、あんまり具体的な話はなかったんですよね。

太田お誘いのメールの後に既にできていたデモの曲を送ったんです3曲くらい。(今作にも収録されている)「グレープフルーツ」とか「海岸線」とか。オルタナティブな曲を聴きすぎていた時にできた曲だから、そっちに寄っているんですけどあまりそういう方向に寄せていこうという気はなくて。キャッチーがテーマです私の中では。

右田個人的にも美音ちゃんの声がいいし好きだから、それが目立つようなリズムやフレーズにしようとは思っていて。自分でフレーズ作る時もnenemのようにインストで少し難解で技巧的なフレーズではなく、最初は自分でも恥ずかしいなと思うくらいシンプルにしました。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤 啓太
  • 伊藤 啓太
音楽好きの家庭育ちの次男。某CD屋からスタートし事務所、ライブハウス、音楽誌、流通、イベント制作と渡り歩いた業界屈指の決定力のない器用貧乏。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。