MENU
1 2 3 4 5 6

僕は誰にでも思うことを書いてるんですよね(犬童)

――QoNの曲名は、ほとんどが英単語になってますが、そこには何かこだわりがあるんですか?

渡邊そこは、特に(笑)。日本語がまだ解禁してないだけです。

――曲名は、どのタイミングで決まるんですか?

渡邊最後、もしくは作っている最中にですね。

犬童メロディーがいちばん最初で2番目に歌詞で、最後に曲名。

――QoNの歌詞は、どちらかというと抽象的な印象があるのですが、それは意識されてそういう歌詞にしているのですか?

犬童んー……、抽象的な歌詞の方が受け取る人の幅が広がる分、いろいろな人のいろいろな場面に曲がフィットするかな、って。僕は誰にでも思うことを書いてるんですよね。だから、誰かが必要としている時には絶対にフィットする。その代わり絞られたところ、抽象的ではダメな部分には、共感を得られにくいかなっていうのは感じてます。

――意識して抽象的に書いてるってことですよね?

犬童抽象的になりがち、ですかね。探り探りでやっているので、そういうところのほうが強いです。ただ、これからも音楽を続けていくので、そういう歌詞を書くチャンスはいくらでもあるとは思っています。タイミングが来たら具体的な歌詞をかけばいいかな、みたいな。正直いくらでも書けるんですよ。まだまだ何も出し切ってないというか。実際、「Lilac」みたいに抽象的じゃない曲もありますしね。

今は自分たちの幅を広げていく、そういう期間だと思うので(山口)

――作詞作曲でこだわっていることは、何がありますか?

犬童歌詞に関しては、こだわりないです。書くべき何かがあるから、そのときに好きなことを書いてますね。すごい歌詞を書くアーティストの方たちと比べて、僕はぜんぜん違うなっていうのは感じてて。そのときに思っていることを書くだけでは、まだまだ足りないところがあるなぁっていうのは思いますよね。

――作曲に関してのこだわりは、ありますか?

山口個人的には一憲(犬童)が作るメロディーに、どうやったらアレンジの世界観をあわせられるか。どういう楽器をいれたら、どういう音を鳴らしたら、いい感じに仕上がるか、っていうのはこだわりをもってやってますね。

犬童僕は自分たちの曲のなかで、同じアレンジをやりたがらないっていうのがこだわりですね。とにかく違うことをやりたい!

――いろんな曲調の曲がこの『MOMENT』で増えましたよね。

山口今は自分たちの幅を広げていく、そういう期間だと思うので。

犬童実際のQoNってバンドは、初心者に毛が生えたみたいな感じなんですよ(笑)。僕なんて楽器できないから、曲作りは鼻歌をボイスメッセージに歌ってる。そんなレベルなのに、それで成り立ってて全国流通じゃないですか。だから、やってないことをやっていくしかないんですよ。まず土台が違うんで、ほかのバンドとかと比べちゃダメな気がしますね。とりあえずやってないことをやって、もし失敗したらやらないで、違うことをやってって……。歌詞に関して全然描ききれてないし、曲に関しても作りきれてないんで。だから、まだやれることはたくさんある。そういう希望を持って僕たちはやってるので。

――私自身、QoNを初めて拝見したのが昨年の夏だったのですが、その伸びには驚かされてます。

犬童めちゃくちゃ下手くそではあると思うんですけど、伸びは伸びたと思います(笑)。そもそもQoNって普通の人の集まりなんですよ、本当に。軽音部で普通にやってきた人たちが、どれだけ頑張ってるかみたいな。漫画でもあるじゃないですか。あんまり強くないし能力とかもないけど、機転をきかせたり色んな仲間と出会って、最強なやつに勝つみたいな。

渡邊ジャンプの王道主人公のやつ。

犬童最弱が最強を、頭を使ってたおす、みたいな。「アイシールド21」の入間みたいなやつが、ああいう感じが俺は好きなんだよ。すごくベタだけど(笑)。周りがなんと言おうと、それはそうだけどって感じ。

渡邊最後がよくなれば、最初はザコでも大丈夫。

犬童俺たちは自分が平凡って認めてる、なにも上手くない。ただ、これからはある。

渡邊NARUTOだろ?

犬童でも、結局は彼も火影の息子だったからね。そこが気に食わない(笑)。

渡邊それは一憲(犬童)の親がバンドマンっていうことでとらえて……(笑)。

犬童その力はね、イルカ先生くらいだよ……(笑)。

渡邊イルカ先生(笑)。リアルだわ。

犬童弱いんだよね。それくらいだもん。

渡邊わかりやすっ!

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
坂井 彩花
  • 坂井 彩花
元楽器屋のお姉さんの経験を持つ音楽ライター。感情に働きかける文章が得意。中高で吹奏楽部、大学で軽音楽部に所属していた典型的な音楽だいすきっ子。積極的にいろいろなライブに出向いてはライブレポート等を書いている。