MENU
1 2 3 4 5 6

少年ジャンプ系ロックバンドとして、その名を浸透させつつあるQoN。今年の1月に成人式を迎え大人びた横顔に子供っぽさを覗かせる彼らに、初の全国流通盤となる『MOMENT』や自身の素顔について語ってもらった。

[メンバー] 犬童一憲(Vo)山口嵐(Gt)辰已優作(Ba)上林研太(Gt)渡邊洋平(Dr)
[取材・文] 坂井 彩花
[写真] イトウユキ

瞬間の連続という意味で『MOMENT』にしました(犬童)

――QoN初めての全国流通になりますが、今のお気持ちはどうですか?

渡邊やっと出せたって感じですね。

山口出すことに対しての、不安とわくわく感があります。

辰已もともと全国流通する予定はなかったんですよ。もっと先のつもりだった(笑)。

渡邊だからちょっと、そこに対する不安はありますね。単純に売れるのかっていうのも不安だし、まだまだ実力不足なので。知名度も高くないんで。でも、だからこそ『MOMENT』の発売によって知ってくれる人が増えたらっていう、わくわく感はありますよね。

――『MOMENT』のコンセプトは何ですか?

犬童『MOMENT』って瞬間って意味じゃないですか。前に制作した『MESSAGE』とか『SIGN』のときは、1曲ずつをすごく短期間で作っていて。その期間に創り上げた作品が凝縮されたものだったんです。今回の『MOMENT』は前作の『MESSAGE』から時間が空いている分1曲1曲を作るペースも遅くて、その時々の思いがたくさん詰まってるんです。どの曲も雰囲気がすごいバラバラで1曲ずつにその瞬間の思いがこもっているので、瞬間の連続という意味で『MOMENT』にしました。

――オススメの曲とかは、ありますか?

犬童全部です!!

いちばんQoNらしさをだして作りましたね(犬童)

――ぜひ各曲の制作秘話があれば教えていただきたいのですが、リード曲である「Precious」についてはいかがでしょうか?

犬童今回のアルバムでいちばん最後に出来上がった曲なんです。『MOMENT』っていうアルバム名の方が先に決まってて、力を注いだリード曲を入れたかったんですよ。いちばんこのアルバムの中で大事というか……。それが「Precious」っていう名前になってます。歌詞の内容が子供っぽいというか、いちばん簡単な歌詞なんですよ。少年ジャンプとか、僕らがよく口にしているようなことを歌詞にしたみたいな。だからいちばんQoNらしさをだして作りましたね。ポップだったりバラードだったりにも手を出すけれども、ロックなサウンドのQoNを大切にしていきたいという思いを込めて「Precious」っていう名前をつけたんです。曲に対しての思い入れが、すごくありますね。初の全国流通アルバムなので、これを出発点にしたいなっていう思いを込めて「旅にでる」とかそういう歌詞にしています。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
坂井 彩花
  • 坂井 彩花
元楽器屋のお姉さんの経験を持つ音楽ライター。感情に働きかける文章が得意。中高で吹奏楽部、大学で軽音楽部に所属していた典型的な音楽だいすきっ子。積極的にいろいろなライブに出向いてはライブレポート等を書いている。