MENU
1 2 3 4 5

少し成長したかなって思いますね(西村)

――「MUSIC」に関するエピソードって何かありますか?

「MUSIC」は俺が入って初めて1から作った曲だよね。そういう意味で、思い入れがありますね。

――このメンバーのスタジオでいちばん最初にできた曲が「MUSIC」なんですね。ドラマーである谷さんの特色が色濃く反映されている曲の1つだと思うのですが、聴きどころはどこですか。

吉川みんなで歌えるような楽しい曲ってところですかね。サビでも「Don’t stop MUSIC!」って言ってるんですけど、そういうのもお客さんと歌えたらいいなと。

西村僕、「ドッドッパッ!ズタッ、ズタ、ズッタ。」っていうのを谷さんに叩いてほしくて。そのフレーズがずっと最後まで続くっていう心意気は聴いてほしいところの1つですね。

たしかに。良いこと言うな。

西村ドラムのリズムパターンがずっと一緒なんですよ。男らしいなって。よく我慢した(笑)。

おかずも全然いれずに(笑)。

――では「ウェイクアップ・アンド・ザ・ライトマイファイヤー」は、どんなエピソードがありますか。

西村ロックンロールをやりたいって気持ちになったんです。せっかく谷さんも加入したし、ロックンロールをしたいなと思って。今までやってないなとも思いましたし。

――ギターのサウンドも普段のプププランドとはまた違った感じですよね。

吉川「ヘイガール、涙を拭いて」のようなオールドロックじゃなくて、もうちょっと先のロックンロールですね。

西村90年代くらいの。

田中古ずぎず新しすぎず。

西村僕、ドラムが「ダン!ダン!ダダダダダン!」って刻む曲が好きで。それから考えて曲を作りました。マッチョなドラムが好き。マッチョというか、叩き方が豪快な人が好きなんです。

――そうなんですね。ほかに、この曲の聴きどころはありますか?

吉川ギターの音づくりを、全部フルボリュームでやったんですよ。上げれるつまみは全部あげてやる。全部つまみマックスみたいな(笑)。レコーディングでは、そういう男らしい取り方をしました。

田中いい音かわからんくらいだったよね(笑)。これ、いい音かー?って。

吉川うるさいんやけど、行こうこれでって(笑)。

――アーティスト写真のゆるふわ男子とは相反して男らしいんですね。

吉川さっぱりしてますね。男らしい感じ。

西村人間っていうのは、だいたいそんな感じですよね。

吉川男らしいし、女らしいしみたいな。

西村女らしいし、オカマみたいなとこもありますし。

――<いろんな表情を出していける>というのもプププランドの魅力の1つということですね。

田中いろんな面を出して行くということに関して、西村は歌詞を書くの頑張ったなぁ、と思います。頑張ったなというか、大変だったんじゃないかなと思うんですけど……。

西村あ、「ウェイクアップ・アンド・ザ・ライトマイファイヤー」ですか?

田中そう。たぶん悩んだだろうなーって。

西村譜割りが難しかったですね。やったことのない感じの曲だったから。

田中だからそれが、大変だっただろうなーって。

西村難しかったですね。

――普段とはめ方が変わりますもんね。

西村そうですね。フォークのリズムだったら簡単なんですけど、得意というか。8ビートの曲を作るのが、めっちゃ苦手で。そういう曲を作れるようになったのは、少し成長したかなって思いますね。

しかもこの曲、みんなで合わせてみないとわからない構成とか作り方とかなんですよね。達也の今までの曲だったら、一人でもアコースティックギターで弾き語りできるような感じだったけど、これはね、できなくはないかもしれないけど、しにくいような曲だからなおさら。

西村次に繋がるロックンロールになりました。

田中これが作れてちょっとは成長したかなあって思います。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
坂井 彩花
  • 坂井 彩花
元楽器屋のお姉さんの経験を持つ音楽ライター。感情に働きかける文章が得意。中高で吹奏楽部、大学で軽音楽部に所属していた典型的な音楽だいすきっ子。積極的にいろいろなライブに出向いてはライブレポート等を書いている。