MENU
1 2 3 4 5

ゆるふわっとした空気感を漂わせているかと思えば、ライブでは熱いアクトを繰り広げるプププランド。心揺るがすフォークミュージックを奏で、進化し続けていく彼らに迫った。

[メンバー] 谷朋彦(Dr)田中隆之介(Ba)西村竜哉(Vo/Gt)吉川淳人(Gt)
[取材・文] 坂井 彩花
[写真] 中磯 ヨシオ

ゆるいつもりではなかったので。本気でやってたから。(西村)

――まず、プププランドってどういうバンドなんですか?

吉川僕らは4年前の2012年に結成された神戸出身のバンドです。始まりは大学の軽音サークルの集まりでした。オルタナティブフォークロックとか言われているバンドですね。

――世間から、“オルタナティブフォークロック”や“ゆるふわロック”と言われることに対して、どのように感じていますか?

吉川僕らは好きなことをやっているんで、好きなように解釈してくれたら願ったり叶ったりですね。

西村解釈の仕方はなんでもいいと思う。その人が楽しんでくれているのが、正解だと思うんで。

――なるほど。では、オルタナティブフォークロックやゆるふわな空気感を目指したわけではなくて、やっていた音楽がそういう風に呼ばれるようになったんですね。

吉川そうっすね。びっくりしましたけど(笑)。

西村全然、ゆるいつもりではなかったので。本気でやってたから。

――でも、話している空気感はゆるいですよね。

西村ほんまっすか。むっちゃ本気なんすけどね(笑)。

イケイケのバンドの音作りをやっちゃったらあわん(笑)(吉川)

――聴いている人には“オルタナティブフォークロック”や“ゆるふわロック”と言われるプププランドですが、西村さんが幼少期から聞いていたフォーク音楽の影響が大きいというのを他のインタビューで拝見しました。やはり、ご両親の影響を強く受けていると感じますか?

西村そうですね。10代の頃に聴いていたのが出てるんかなって感じです。

――andymoriや初期のくるりも、“オルタナティブフォークロック”に区分けされる人たちかなと思うんですけど、そういう人たちの影響はあまりないんですか?

西村たしかに彼らも、日本特有のオルタナな歌ものみたいな感じですよね。どっちも好きですよ。

吉川好きっすね。好きやし、尊敬する先輩みたいな。

西村影響を受けているっていうのは、大いにあると思います。

吉川音楽的にだけじゃなくて、やり方の面での影響もありますね。いろんな方向性のアルバムを出しているあたりは、お手本にしたいです。フォークから派生して、いろんなことをやってみたい。

――フォークを土台としていろんな形に挑戦していくのが、今の理想像なんですね。

吉川そうっすかね。

――プププランドは歌詞が特徴的だという印象があるのですが、その歌詞には題材があるんですか。それとも空想の世界なんですか。

西村どっちもっすね。友達をモチーフにしていたとしても、ちょっとフィクション要素を混ぜた友達みたいな。並行世界の友達を連れてきた、みたいなイメージです。

――では、どちらかというと「今現実に起きていることに関して歌詞に落とし込んだわけではない」ってことですね。

西村そういうのはないかもしれないですね。

吉川直接的には、ないかもしれないですね。ふわーって入ってきた時事ネタとかを間接的に表現することはあるかもしれないですけど、直接的にどうこうっていうのはないですかね。

――プププランドの歌詞は穏やかで切ないイメージなのですが、それに対して意識していることなどありますか。

西村好きな曲がそういう感じっていうのはありますね。今までいろんな音楽を聴いてきて、こういうのがいちばん好き、いちばん近いなっていう。これ自分のことちゃうんかな? って感じるような曲が好きなんです。

――自分がいいなと思う歌詞に影響を受けていった結果、今の歌詞に行きついたといったところですね。

西村そうっすね。ほんまは好きな歌詞が、もっとあるんでしょうけど。結局いちばん自分を出せる言葉を選んだら、自然と今のようなを歌詞を選択したんでしょうね。パンクとかも好きなんで反抗的な感じも好きなんですけど。このバンドでこの状況で曲を作るとすれば、フォーク感のある穏やかな歌詞がいちばんあっていたんでしょうね。

――反骨精神みたいなものも持ち合わせているけれども、バンドとして歌に落とし込むときには“穏やかで優しい”のがいちばんしっくりきた、ってことですね。

西村そうですね、パンクとかめっちゃ好きですし。それがいちばんきれいに血が流れるような、違和感のない歌詞だったんでしょうね。

――プププランドって最近っぽくない音がするバンドだと思うんですけど、あえてそういう音作りをされているんですか?

西村あえてではないかもしれないですね。

吉川今回やりたかった音が、そういう音。このバンドで、イケイケのバンドの音作りをやっちゃったらあわん(笑)。

田中そうわかってるんじゃないですか、みんな。

吉川特に意識はしてないけど、そっちのほうがいい曲になるんじゃないかなって。

西村やってみたいっすけどね、1回。そんぐらいバリバリな振り切ったやつ。

田中たしかに。笑って終わりそうやけど(笑)。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
坂井 彩花
  • 坂井 彩花
元楽器屋のお姉さんの経験を持つ音楽ライター。感情に働きかける文章が得意。中高で吹奏楽部、大学で軽音楽部に所属していた典型的な音楽だいすきっ子。積極的にいろいろなライブに出向いてはライブレポート等を書いている。