MENU
1 2 3 4 5

「可愛い子はだいたい彼氏がいる〜!!」。そんなどストレートな男子の心の叫びを、声を大にして歌うロックバンド、わがままカレッジ。ハッピー&ファニーなメロディに乗せて告白される本音の数々は、赤裸々すぎてときには聴いているこっちが照れくさくなってしまうくらいだ。そんな彼らが10月7日(水)にリリースした、初の全国流通盤『生命大躍進』。タイトルからしてエネルギーがみなぎっているのがわかるし、収録曲は超個性的で超キャッチー。思わず一緒になって「いる〜!!」と拳を上げてしまう人続出の現状に裏打ちされた、わがままカレッジの音楽の“楽しさ”とは……? 代表曲「可愛い子はだいたい彼氏がいる」の誕生秘話や、自ら“変態”と呼ぶほどのエピソードも飛び出した、バンド初のインタビューをお届け。

[メンバー] 山下ゆうき(Vo)モリヒロ(Gt)井上まさや(Ba)タケイカズマ(Dr)
[取材・文] 松井恵梨菜
[写真] 鈴木“もぐら”悠太郎

「俺、何をしてもいいんだ」っていう感覚は今でも変わってない

――元々、それぞれ別のバンド活動をしていたなかで始まったバンドですが、わがままカレッジを組むに至るまでの流れを教えてください。

モリヒロ「自分がボーカルのバンドをやりたい」って山下がずっと言ってたんですよ。そこで俺が、「ギターを弾くからやろうよ」って言って誘いました。

山下当時、僕がベースを弾いてたボナンザグラム以外に自分がボーカルのバンドもやってたんですけど、そのバンドが活動休止しちゃって。「でもやっぱり歌いたい」っていう気持ちがあったところに、「やろうよ」って声をかけてもらったんです。

わがままカレッジ

――あとのメンバーはどうやって決まったんですか?

モリヒロふたりで居酒屋に行って、ベースとドラムをどうするか話したんです。知り合いの中から、「ドラムはたけちゃん(タケイ)で、ベースはまさや(井上)でいいんじゃない?」ってパッと浮かんで、電話をかけたらOKでした。

タケイ「1回、一緒にスタジオ入らない?」って言われてスタジオに入ったんですけど、気づいたらもうメンバーになってました。

――プレイヤーとして、“この人でしょ”みたいな直感があったんですか?

モリヒロ一緒にやるなら(演奏が)上手い人がいいねっていう話はしてたよね(笑)。

井上それは聞いてないな。ちょっと良い話聞いたな~。でも、同い年の人たちはだいたいみんな就職してるから、社会人でバンドやれる人じゃなくて、バンド中心にやれる人がいいっていうのはあったんだろうなと僕は思いましたね。

モリヒロあとからわかったんですけど、全員、“関東七大学音楽祭”っていうイベントで一緒だったらしいんですよ。

山下大学のサークルの交流みたいなものです。僕とモリヒロは同じ大学で。

井上僕はよく山ちゃんとモリヒロのサークルに遊びに行ってたんですけど、その頃はひと言も山ちゃんと喋ったことないんです。

山下僕、人見知りだったんですよ。まさやん(井上)はすごくハッピーで、遊びに来ては「わ~!」ってやるような人で。みんな仲良くしてたけど、僕は全然喋んなかったね。

井上「山下くんは、“俺はほかの大学の奴がいてもあんま絡まないんで”みたいな、そっちのタイプの人だ!」っていうのを察しちゃったんです。

山下若気の至りだったよね(笑)。

わがままカレッジ

――私はボナンザグラム(山下とモリヒロが過去在籍していたバンド。山下はベースだった)のライブもよく観に行ってましたが、最初にわがままカレッジを観たときはボナンザグラムとのギャップに衝撃を受けました。

山下まず、ベーシストが歌ってるからね。しかも変な歌を(笑)。

――まあ、前情報はちょっとあったので……。

井上裸で出てくるぞ、みたいな?

――その情報はあったか覚えてないですけど(笑)、山下さんが何かから解放されたように、とにかく楽しそうに歌っていたのが特に新鮮でした。

山下ライブの本質的なところで……例えばお客さんの心をつかむとか、そういうのはボーカルの仕事だと思うんです。でも、自分で楽器を弾きながらそういうことをするのって、やっぱり限界があるじゃないですか。結局お客さんはボーカルを見るし、歌の力やパフォーマンスが発揮できないのはもどかしい気持ちもありました。だから、いざ自分が歌うバンドをやるってなったとき……初ライブのときのことでよく覚えているのが、「俺、何をしてもいいんだ」みたいなことを言ったんです。“30分間、自由に使っていいんだ”って思えたのがすごくうれしかったなあ。その感覚は今でも変わってないですけどね。

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
松井 恵梨菜
  • 松井 恵梨菜
本業である音楽関係の雑誌編集に忙殺されながらも、ライターを目指して勉強中。"ETERNAL ROCK CITY.2012"オフィシャルライターなどの経験あり。難しい評論ではなく、心に伝わる文章が書けるようになりたいです。通称"ぴよ"。
  • 鈴木 "もぐら" 悠太郎
1986年 神奈川県生まれ 通称"もぐら"
ライブハウスでの撮影をはじめ、2013年にはFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMといった大型フェスの撮影も担当するなど活躍の場を広げている。またライブや音楽イベントのみならず、風景やポートレートなど幅広く撮影中。