MENU

やるやる詐欺になるところだった(笑)

――ビジョンは浮かびました?

ハネダいや。それよりも、どういうことになるんだろう、という楽しみですね。

山田私はもう不安で(笑)。でも、このスプリットをやりたいという意思はすごく伝わってきたので、それに応えたいという気持ちは芽生えました。同時に、前例がないので、どんなものになって、どんなふうに展開していくのかっていうのがイメージしづらくて、本当にやるのかなって思ってました(笑)。

レオナああ(笑)。「やる」と口で言ってからの期間が長かったのもあったからね(笑)。「やるやる」と言ってから長いこと経ってしまったぶん、不安にさせたところはありましたね。

猫田2015年の年明けくらいからずっとおっしゃってましたよね。

レオナやるやる詐欺になるところだった(笑)。いや、そんなことはなくて。しっかりやりたかったんですよ。ヤマミがさっき言ったように前例がなかったんで、模索したところもあって。

――レコーディングはいつ頃されたんですか?

レオナ2015年の4〜5月ですね。急がず、大切に大切に取り組みました。

――その顔合わせやレコーディングのあとに、同じイベントに出ることはあったんですか?

山田ありましたね。でも、たまたま、です。告知もまだしちゃいけなかったので。

レオナそう、告知も大事に大事に溜めて溜めて。あと、時間をかけることになった理由として、CDよりも何よりも先にMVを公開して、きちんと先行プロモーションとして存在させて、期間をおいてリリースに繋げていきたいというのがありました。それで3人とも同じ監督にそれぞれMVを撮ってもらいまして。これがめちゃくちゃ良い出来なんですよ!

――繋がりのある作品になってるんですか?

レオナ監督の中では、あるらしい。俺は見つけられなかった!(笑)

山田私、聞きました。共通のテーマは……◎▲〆×

レオナえーー!

ハネダ初めて知った(笑)。

レオナMVにこだわった理由のひとつに、映像に残したかったというのもあります。こういう音楽ってロックとも違うし、どういう人物がどういうふうに歌っている、ということが歌や曲に直結しやすい、というか。それを視覚的に残したほうが、伝わるものが倍以上になるかな、と思ったんですよね。本当に良いものが出来て良かったです。

山田真未 / 「ペダル」

ハネダアカリ / 「エンディングテーマ」

猫田ねたこ / 「パソコン」

――弾き語り女性3人で、ただの詰め合わせではなくひとつの作品としてスプリットCDを出す……しかもMVや写真、フライヤーでもイメージをきちんと構築したものを作るっていうのは珍しいですね。

レオナしかも3人ともタイプが全然違うしね。曲も違うし。

――でも何か共通のものがありますよね。人や曲は違うけれども、この3人でひとつの作品にするっていうことはとても納得できます。

レオナ“何か”があるんだよね!

――個人的な感想で、表現が難しいんですけど、対面で歌われているというよりは、自分の心の声を歌われているというか……ポジションが近いというか……。

猫田私たちの歌詞がスッと入っていけたんですかね。

――そうかもしれないです。レオナさんもおっしゃっていて同意したんですけど、皆さんの歌って、どんな情景どんな状況でも合うんです。電車に乗っていても、都会にいても、今回のスプリットのイメージのような田んぼの中でも。

レオナそれはすごく思う。3人とも曲を持ってきたときに、他人事として聴くような曲ではなかったんだよね。歌詞と重ねられる部分が自分にまったくなかったとしても、目線は歌と自分が近いところにある感じはしますね。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!