MENU
1 2 3 4

今回の音源「制限なく。斜め上を目指したいですね、常に」

――今回の音源はどんな媒体で?

CDで。

――録音はどちらで?

Rinky Dink Studio荻窪店でmouse on the keysとかsgt.とか録っている山下大輔さんに録ってもらいました。

――何日くらいで?

一晩で。

――一晩! 何曲?

3曲。

――ミックスは?

それも山下さん。ミックスはまだ終わってなくて。マスタリングも山下さん。

――あと2回?

あと1回ですね。

――それでミックスもマスタリングもやるってこと?

ミックスはもう1回やったんですよ。

――でもまだ足りない?

そうですね。やっぱ。

――なるほど。じゃあその音源はどういう感じで展開してくの? 例えば手売り専門とか。

TOWER RECORDS新宿店、大宮のmore recordsを中心に店舗限定販売の予定なんですよ。渋谷、下北沢辺りも店舗流通あるかもしれないです。あとはライブ会場と、小さいところにはちょっとだけあるかもしれないですけどまだ未定です。

――プレスは何枚?

300です。もう売り切る感じで。

――昨今CDが売れなくなってるじゃないですか。それに対してはどう考えてる?

わかりますよ。でも、俺は買ってるほうだと思うんですけど、昔より買わなくなってると思うんですよね。でも欲しい音源があったら買うと思うんです。でも試聴機が面白くないから購入に至らない。

――YouTubeとかサウンドクラウドでディグったりする?

暇なときにYouTubeのミックスで垂れ流ししたり。気になったものは調べます。

――それで気になったものはやっぱりCDで買いたい?

でもそれが最近CDじゃなかったりするんですよね。

――デジタル配信ばっかりとか、フリーダウンロードだったり。

そうですね。

――SoundCloudで自分で値段つけるのもあるしね。

そうですね。通販でオーダーして気軽に物が届くものであれば買いますけど。

――店頭に足を運んで買ったりはしない?

けっこう行きますよ、店頭。中古も見るし。最近STEVE LEHMAN OCTETのCDが欲しくてタワレコに行ったら置いてなくて、取り寄せしたらなぜか半年かかって最近やっと聴けたんだけどすごい良かった。半年前に聴きたかった。ダウンロードだったらすぐ聴けたのにね。

――やっぱり、今回CDで出すのに300枚というのもそうなんだけど、そのへんも考えてるところがあるのかなあと思ったり。

俺の意図というよりは、一応レーベルみたいなのが存在してて。新宿JAMの超矢野が始めたレーベルですね。それで超矢野に前から「(MUSQISの音源を)出したい、出したい」ってずっと言われてて、メンバーも出したいって言ってくれてそれで重い腰をあげて作ったという。そんなに言うなら作りますか、となって。流通は基本的に(超矢野に)任せていて。

――そういう流れだったのね。俺のなかでMUSQISはライブバンドというイメージがずっとあって、この時期になっていきなりレコーディングというのは「あれ?」という気もあったんだけどね。ツアーはどうですか?

ツアーは周りたいですけど、そこまで頭がまわっていなくて。もうCDを完成させることに精一杯で。

――レコ発は考えてない?

レコ発は9月29日の下北沢ERAです。WRENCHとUHNELLYSとMUSQISのスリーマン。

――それが終わったらツアーとか考える感じ?

そうですね。あとはできたらインストアもやりたいと思っていて。大宮のmore recordsはインストアやる予定なんですよ。でかい音出せない、超アコースティックな環境でやってみたいというのが前からあって、いい機会だと思って。ソロとか変則的なセットでは何回かやってるんですけど。

――ドラムはどうするの?

カホンのひとまわりでかいのに打面を張ってコンパクトなドラムキットを、今回はレコーディングに参加してないメンバーの松井修司が作っていて。それを借りようかなと思ってます。

――ではアルバムの再現ではないってことだ?

インストアは、そうですね。

――レコ発も、アルバムの再現的なことはしない?

普段は同じことはやらないようにしてるんですけど、ある程度は再現しようかなと思って。基本レコーディングのメンバーと近い形でやる予定です。

――曲によってメンバーも入れ替わり立ち替わりなの?

そうですね。前にワンマンをやったときに11人いて、曲により入れ替わりしてやったんですけど、割と効果的でした。

――いいよね、俺も昔mouse on the keysとkowloonが2バンドでメンバー掛け持ちしてやるのを観たことあるけど、あれすごい面白かったし。では、とりあえず音源出して、企画やって、地方在住の人やネットを通じてMUSQISを知ってくれる人たちにも、「これからツアーに誘ってください」みたいな?

そうですね。面白いと思うんだよなぁ、新作。

――面白いと思ったよ、でかく出たなと思ったね。

頑張れる最大の範囲を出した感じです。

――今後の展望はあります? 音源出して、ツアーものちのち考えるとして、そのあとのこととか。

とりあえずもう1枚作ろうという話もあるんですよ。

――それはレコーディングのときから?

そうですね、でも何も決まってないです(笑)。

――どうしていきたい?

とりあえず面白いものを作っていきたいです。

――それは特に制限なく?

制限なく。斜め上を目指したいですね、常に。

――MUSQISメンバーの体制、仕組みってほかのバンドに比べて異質じゃない? ライブも毎回、編成、曲の感じが違うだろうし。俺が観ている限りだとライブバンドというイメージしかない。俺は、これから先の音楽というのは、ライブで決まりきったものを提示するというよりは、毎回観に行ったら違う面白さがあるほうがいいと思うから、「(それを観に行く)きっかけとして音源がある」という考え方のほうが今後の音楽シーンに適してると思うから、このまま自分の持っているMUSQISという面白いものをどんどん発信してほしいなと思いますね。

そうですね、あと、ぜんぜん難しくて演奏できないんですけど、歌モノの曲もあるので、そのうちできたらなと思います。

――了解です。最後に読んでくれている人に言いたいことなどがあれば。

企画来てください。

――なるほど、切実だね。ありがとうございました。

リリース情報

『Idiot / Feeding / Home』
2015.10.07 ON SALE
¥1,400(税抜)

[収録曲]
01. Idiot Cop
02. Feeding Chain
03. Home (4AM)
04. Feeding Chain (JitteryJackal RMX)
05. Home (k-over RMX)

ライブ情報

2015.09.29 東京・下北沢ERA
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV ¥2,300 / DOOR ¥2,500(ドリンク代別)
w / WRENCH / UHNELLYS

10/7に発売するMUSQIS初のスタジオ音源、『Idiot / Feeding / Home』のリリースパーティー!
それに伴い9/29の3マンで先攻販売有!!

info : http://musqis.tumblr.com/
mail : sadtreelab@gmail.com

イープラス(Lコード:77693)

2015.10.16 埼玉・北浦和KYARA
2015.11.01 東京・clubasia
2015.11.02 東京・新宿Motion

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
伊藤ヒロタツ
  • 伊藤ヒロタツ
国内激情系ハードコアの代表格バンド「killie」の構成員。