MENU
1 2 3 4 5

暴力的とも言えるほどに心に突き刺さるサウンドながら、包容力のある楽曲とアンサンブル。salsaの魅力を一言で言うのは難しいが、ある程度は説明できているのではないだろうか。ニューアルバム『VERY HARDCORE』というタイトルにもその”暴力的かつ包容力がある”ことが表れている。

今回のインタビューを「VERY HARDCOREな場所で行おう」とsalsa鈴木健介(Vo/Gt)と相談していたところ、「午前中の築地はVERY HARDCOREだ!」という結論に至り、salsaと築地に赴きインタビューを行った。

[メンバー] 佐藤直輝(Ba/Cho)鈴木健介(Vo/Gt)那須啓(Dr/Cho)
[取材・文・写真] アサイタクロウ

フルアルバムが本当に好き

――築地場内市場、かっこよかったですね~。

鈴木あれ? 録ってるの?(笑)そうですね、あれはCOREな場所でしたね!

――さて、リリースおめでとうございます! 何年ぶりのアルバムになるんでしょうか?

那須4年ですね。

鈴木2011年7月に出したミニアルバム以来ですね。

――いつ頃から2作目の制作に取り掛かろうと?

鈴木もちろん、「作りたいな」と思ってる期間はずっとあったんですけど、昨年の秋くらいから着手し出しましたね。ちょうど長野県内3ヶ所を3バンドでまわった“ドンゾコザルツアー!”から一息ついたタイミングですね。10月の終わりに打ち合わせして。

――“そろそろじゃないか?”という具合に?

那須いや、ちょっと遅いな、という思いはありましたね。

――待ってた人も多いですからね! 今回のアルバムは10曲収録というなかなかボリュームのある内容ですよね。最近のバンドは6曲とかミニアルバムを出すことが増えてるなか、何か意図したものがあったのでしょうか?

鈴木それはもちろんありました。「フルアルバム」と言えるものを作りたかった。結果的に10曲というよりは意図的にスタートからこれくらいのボリュームは狙ってましたね。

――90年代までは特に10〜12曲のアルバムって当たり前にありましたよね。個人的にはその憧れもあってすごく熱いものを感じますね。あの頃にもよく見られたように、アルバムのために作った曲もあるのでしょうか?

鈴木そうですね。ありますね。フルアルバムを聴いて育ってきたし、単純に好きですからね。

那須“作品”という感じがしますしね。

鈴木ミニアルバムブームを否定するわけではないのですが、フルアルバムが本当に好きなんですよね。

那須今でも、フルアルバムのほうが「買いたい!」と思いますしね。

――今回、中村宗一郎さんをエンジニアに迎えて、いかがでしたか?

一同とても良かったですね!

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
アサイ タクロウ
  • アサイ タクロウ
RinkyDinkが発行するインディーズミュージックマガジン『depOn』編集長。時代の波に華麗に(?)乗り、紙面からWEB上へ活動の拠点を移した。自身もバンドマン。編集者とバンドマン視点でバンドを紹介!