MENU

2015年10月15日、外は肌寒く、冬の訪れさえも感じさせる気候。そんななか東京・渋谷WWWでは、リコチェットマイガール2ndミニアルバム『ランドリー』のツアーファイナル“何かのワンマン~そのときはよろしく~”が行われた。開演時間が近づくと、稲荷直史(Vo/Key)自ら「バスケットボール、サッカーボールの使用を固く禁止します」とユーモアに溢れた注意事項のアナウンスを流し、早くも癒しの空間をもたらしていた。

一曲目に奏でたのは「待ってる」。しっとりとした歌声が響き渡るAメロと、サビに近づくにつれて壮大になるサウンドは、肩の荷をそっと下ろしてくれるような心休まる空間を広げてくれた。二曲目「新宿にて」では雰囲気をがらりと変え、稲荷の奏でる鋭いシンセサウンドがフロアに降り注いだ。ギターソロと会場を照らすミラーボールが最高にマッチした「さよならも言えなかった」、大内岳(Dr)の力強いバスドラムがオーディエンスを震わせた「目を見て話せたら」と続き、徐々にステージ、オーディエンス共に熱量を増していった。

MCでは、渋谷WWWでの初ライブに少しの緊張感を漂わせながら「渋谷って街の響き的に、ここでワンマンするなんて思っていませんでした」と感慨深く語る稲荷。そのままピンスポットを当てられ歌声のみで始まった「ターミナル」、クライマックスではベースを宙に高く突き上げる渡辺裕之(Ba)。太く安定感のある残像を会場に刻み付けた。石川拓実(Gt)の多幸感あるギターストロークがとくに目立った「炭酸水と12月の花嫁」では、渡辺のスラッピングに重なりゆくドラム、鍵盤、ギターのサウンドが最高に気持ちよかった。「プロローグ」で激しいドラムソロを打ち込みながらもがむしゃらな笑顔をみせる大内、休む間もなく「パーカー娘と犯罪者」、「preview」とアップテンポな曲を続け、フロアにさらなる一体感を与えていった。

後半では、地方も含め17ヶ所を回ったツアーを経て誕生したという新曲、「東京」を披露。稲荷の気だるい歌声とは対極に響く軽やかな鍵盤のメロディは、後ろからそっと見守られているような安心感があった。街の雑踏のサウンドが響いた後に演奏されたのは「きっと鳴り止まない」、そして「未来」「スロウハイツ」とスロウテンポな曲を続けて投下したあと、「ワンマンってどんな気持ちでやればいいんだろうって昨日の夜ずっとそわそわしてて、深夜2時くらいに麻婆豆腐作り始めちゃいました」とワンマンへの緊張エピソードで会場を和ませた。

マイクをスタンドから勢いよくもぎとり、叫ぶように歌う稲荷の姿が印象的だった「スペア」、「バンドって行先や方向が変わったりすることもありますが、この曲だけはいつまでもやっていきたい」と語り、投下した「エスケープ」。一音一音が力強く響くサウンドからは、この先何が起こるか誰にも予測できない、けれども目の前にある“今の僕らの音楽”をしっかりと受け止めてほしい、とメッセージが込められているように感じた。「トランスファー」「夜更けてく前のライダー」と終盤にかけては、今日のライブがいつまでも続いてほしいと願いたくなるほどエモーショナルな時間が流れた。

アンコールでは今回のイベントのサブタイトルにもなった新曲の「そのときはよろしく」を披露。緩急あるメロディー、重みのある鍵盤の音色にはただただ圧倒された。最後には「雨が降っている」を投げ込み、鳴り止まない拍手とともに“何かのワンマン~そのときはよろしく~”は幕を閉じた。

過去最大のキャパシティでのライブとなった今回のツアーファイナル。渋谷WWWのステージに立つリコチェットマイガールの姿は、いつもより大きく、どこか遠くにいるような感覚にもなったが、変わらない音楽を奏で続ける彼らに、これからの期待を寄せたくなるワンマンライブだった。

[セットリスト]
01. 待ってる
02. 新宿にて
03. さよならも言えなかった
04. 目をみて話せたら
05. ターミナル
06. 炭酸水と12月の花嫁
07. プロローグ
08. パーカー娘と犯罪者
09. preview
10. 東京(新曲)
11. きっと鳴り止まない
12. 未来
13. スロウハイツ
14. スペア
15. エスケープ
16. トランスファー
17. 夜更けてく前のライダー

アンコール1. そのときはよろしく(新曲)
アンコール2. 雨が降っている

さらに、Diggityでは稲荷直史の単独インタビューを公開中。意識的に“目線を変えた”という新曲が多数盛り込まれた今作についてはもちろん、稲荷のバイオグラフィーについてもたくさん語ってもらった。

リコチェットマイガール / 『ランドリー』インタビュー

リリース情報

2ndミニアルバム『ランドリー』
NOW ON SALE
¥1,667(税抜)

[収録曲]
01.さよならも言えなかった
02.待ってる
03.スペア
04.夜更けてく前のライダー
05.未来
06.目をみて話せたら
07.ターミナル

関連リンク

リコチェットマイガール公式サイト
リコチェットマイガール公式Twitter
リコチェットマイガール公式Facebook

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
本木美奈
  • 本木美奈
94年生まれ。通称もっきー。音楽ライター。脚本勉強中。「音楽」と「ドラマ」と「犬」をこよなく愛しています。