MENU

Cuckoo(クーク)とショージロージュニアという2バンドが、11月12日にスプリット・シングル『∞-少年とロック-』をリリース。さらに11月24日にはレコ発2マンライブを開催します。下北沢・吉祥寺を中心に、ひとつの音楽シーンを一緒に盛り上げようと手を取り合ってきた盟友同士……といった印象の2組。今回は、そんな彼らについて紹介します!

About Cuckoo(クーク)

Cuckoo(クーク)

正式名称はカッコ部分を含める。TOOLやMUSEのような短くて覚えやすいバンド名を思索するうち、[名]カッコウ、[形]気の狂った〜等の意味を持つ“Cuckoo”を、大島が誤って「クーク」と発音したのをきっかけに、響きの良さから、読み方ごと採用した。普遍的なメロディと、まるでおとぎ話のように映像的に紡がれる唯一無二の歌詞。化学反応的アレンジと幅広い音楽性で、都内ライブハウス中心にその名を広めていく。
Cuckoo(クーク) OFFICIAL SITEより

Cuckoo(クーク) / 「CONNECT」

About ショージロージュニア

shojiro

四国発、兄弟ツインボーカル・ギターロックバンド。
元田舎者3人の“染み込むメロディー”が誰ものココロに潜む郷愁の想いをそっと呼び覚ます。
眠れない夜にどうぞ。
ショージロージュニア OFFICIAL SITEより

ショージロージュニア / 「流星トビウオ」

過去には二度の共同企画も行った2バンド

『月夜の音楽会 第一夜』
ショージロージュニア“泪降らしに贈る”Release Tour Final
2013.04.26 下北沢MOSAiC
[出演]
ショージロージュニア / Cuckoo(クーク)
ab initio / コージコナー / アユイロメガネ

『月夜の“大”音楽会』
Cuckoo(クーク) 3rd mini album『Spectrum 5』Release Party!
2013.09.22 新宿MARZ
[出演]
Cuckoo(クーク) / ショージロージュニア
In 197666 / NUMBER VOGEL / ミラクルチンパンジー
The nonnon / BURNOUT SYNDROMES / buriki
臼井ミトン / amamori

11/12に新曲を1曲ずつ収録したスプリット盤をリリース!

  • omote
  • ura

スプリット・シングル『∞-少年とロック-』
2014.11.12 ON SALE
MOCL-0018 ¥1,000(税込)
[購入特典]
Cuckoo(クーク)、ショージロージュニア ダブルネーム オリジナルパスステッカー

[収録曲]
1. juvenile / Cuckoo(クーク)
2. ロックンロール / ショージロージュニア

[作品紹介(オフィシャル資料より)]
“エレクトロポップ”のCuckoo(クーク)と“ギターロック”のショージロージュニア、音楽性は異なりながらも、両バンドの音楽の中心にあるのは“うた”を大事にすること。2013年は二度の共同企画を行い、どちらも約200人の動員を記録したこの2バンドの、今いちばん伝えたい“うた”を体験してほしい。

『∞-少年とロック-』トレーラー

夏の終わりに撮影されたこの映像。“思い出”という名の宝探し――そんな言葉がぴったりの、ワクワクする仕上がりになっています。シングルを試聴できるだけでなく、2バンドの親交の深さも垣間見ることができるはず。

そんな2組による初の2マンライブを11/24に開催!

Cuckoo(クーク)×ショージロージュニア presents
“∞-少年とロック- レコ発 2MAN!!”

2014.11.24(月・祝)
下北沢MOSAiC
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥2,300 / DOOR ¥2,800
※『∞-少年とロック-』CDショップ購入特典ステッカー持参で¥300 OFF
※Opening Guest 市川セカイ

Diggityでは、今回のスプリット盤&2マンライブに込められた思いを探るべく、各バンドのボーカル&ギター2人による対談を実施。出会いのエピソードや、お互いのバンドに対してどう思っているかなど、ライブ後+ほろ酔いのテンション(!?)で語ってもらいました!

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

TwitterでDiggityをフォローお願いします!

  • ツイートする!
  • ブックマークする!
  • シェアする!
松井 恵梨菜
  • 松井 恵梨菜
本業である音楽関係の雑誌編集に忙殺されながらも、ライターを目指して勉強中。"ETERNAL ROCK CITY.2012"オフィシャルライターなどの経験あり。難しい評論ではなく、心に伝わる文章が書けるようになりたいです。通称"ぴよ"。